« ゴールドコースト旅行中居くんじゃだめ? | トップページ | 吉祥寺でランチ①手打ちラーメン『桜井』 »

2006年2月 1日 (水)

伊東温泉へGO

1月29日から1泊2日で伊東温泉へ行って来ました。

今回JRビューのサプライズ伊豆というツアーに申し込みました。

JRビューのツアーは往復の電車つきで結構お得なプランがありいつも出物がないかチェックしています。(電車なしのプランも選べます)

今回は伊豆旅行では初めて電車を利用しました。年齢も50に近くなると電車旅行は楽だなという感想です。ただ前回のゴールドコーストと違い天気に恵まれたので小田原から伊東までの海岸線をドライブできなかったのはちょっと残念でした。

10時に東京を出発し12時前にはもう伊東駅です。やっぱり電車ははやいです。まずお昼ご飯、我々夫婦のように年齢を重ねるともう景色がきれいだけでは満足できません。そこにプラスおいしい物が旅には必要不可欠です。

今回お昼ご飯に選んだのは駅から徒歩約10分の干物「ふじいち」さんです。ここは1階で自分で干物を選び2階で焼いて食べれるお店です。私たちはこの時期旬とお店に方に薦められた「きんめ」の干物を買い2階でおさしみ定食とご飯セットをたのみました。さすがお店のお薦め油がのってとても美味しかったです。ただ油が乗っていたので焼いていた時、背びれなどに引火(?)し危うく「きんめ」が焼失するところでした(笑)

お昼ご飯に満足しいざ宿へ今回の宿は「かめや楽寛」かってに高級旅館を想像していた二人、外観をみてヤバイ(汗)かも、不安をかかえたままチェックイン。部屋に案内されると部屋は広く綺麗でなんといっても広い窓からは青い空と水平線しか見えないとても良い部屋でした。個人的な意見ですが予約時、可能ならば本館の海側4階以上の部屋が良いと思われます。別館にくらべ本館の部屋の方が若干広いようです。また3階以下だと窓の外に電線が見えると思います。あとここには露天付きの部屋もあります。

温泉は大浴場の他、家族風呂、貸切露天も4つほどあります。またこの貸切露天が二人ではいるのにちょうど良い大きさです。結構ひろいんです。まだできて半年くらいとのことでとても綺麗でした。だからかも知れませんが、伊東温泉のわりに私たちのような熟年夫婦だけでなく若いカップルも結構いました(伊東温泉ゴメンナサイ)

うちの奥さんは前にも紹介しましたが関西出身です。なにごとにも元を取らなければと温泉にはいりまくりついに夕食後の入浴後湯あたりして倒れました(笑)

夕ご飯ですがでっかいきんめの煮付けや鮑の陶板焼き、鯛の薄作り等食べきれないほどでした。贅沢をいえばきんめの煮付けがもう少しあたたければなというのが感想です。

翌日チェックアウトから帰りの電車まで約3時間、マリンタウンに行きました。宿から徒歩で10分くらいです。途中「御菓子処石舟庵」というお店があります。ここで栗むし羊羹を買って帰ったのですが自称甘いものフリークの私に言わせると栗むし羊羹ランキングのベスト1に選びたいと思いました。甘さ控えめでとても美味しかったです。

伊東マリンタウンは道の駅です。むかって一番右側のお土産屋さんはお土産やお茶が試食し放題です。お茶も数種類あり飲んで食べて大満足です(笑)私たちはここで食べ過ぎてお昼ご飯が食べれなくなりました(お土産屋さんゴメンナサイ)

ここでは伊豆海塩「塩蒸し饅頭」と「鉾八のひとくちかまぼこカマンベール仕立て」を買いました。二つとも試食をして満足しても買いたい逸品です。塩蒸し饅頭はほんのり塩味が甘さを引き立てる温泉饅頭ではベスト3に入る逸品で、ひとくちかまぼこはチーズかまぼこではベスト1の逸品だと思います。ぜひお寄りの際はまず試食を(笑)

Vfsa0123_2 あとここマリンタウンにはシーサイドスパという温泉がありここのお土産でお土産を買うと入場割引券がもらえます。あとマリンロードとい海辺の遊歩道があります。昔を思い出し夫婦で手をつなぎゆっくり歩くのも楽しいと思います。なんといっても入場無料というのが良いです。

奥さんが湯あたりで倒れましたが総じて楽しい旅行でした。伊豆はいまならみかん狩りもでき、これからは梅の季節を迎えます。

最後に加湿機をお願いしたら、はいはい空気も乾燥しているので除湿機は必要ですねと私たちを笑わしてくれた仲居さんお世話になりありがとうございました。

秘湯、珍湯、怪湯を行く!―温泉チャンピオン6000湯の軌跡 Book 秘湯、珍湯、怪湯を行く!―温泉チャンピオン6000湯の軌跡

著者:郡司 勇
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ゴールドコースト旅行中居くんじゃだめ? | トップページ | 吉祥寺でランチ①手打ちラーメン『桜井』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31508/575528

この記事へのトラックバック一覧です: 伊東温泉へGO:

« ゴールドコースト旅行中居くんじゃだめ? | トップページ | 吉祥寺でランチ①手打ちラーメン『桜井』 »