« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

岩盤浴でデトックス

Photo_14 先日、奥さんと『湯らく』という岩盤浴に初めて行ってきました。場所は武蔵野市八幡町です。ちょっと前からあった施設ですができた当初はガラガラで(笑)大丈夫かなと思っていたのですが、デトックスという言葉がはやり岩盤浴が雑誌等に取り上げられると今ではいつも駐車場はいっぱいで混雑しています。ここは露天と内湯と岩盤浴があります。岩盤浴は最高です。汗がとめどなく流れ気持ちがいいといったらありません。しかしその横であんまり汗でないとうちの奥さん(恐るべし)しかしご飯を食べながらだらだら汗かく奥さん(笑)あいかわらず笑わしてくれます。露天は小淵沢あたりの露天風呂といった感じです。なぜ小淵沢なのかは自分でも分かりません(笑)ここの露天風呂に入る時の注意をひとつ、ここは東京温泉特有の黒湯の塩泉です。そのため湯船の底が見えず深さが分からないのです。予想よりちょっと深いのでみんな入る時ちょっとつまずきます。また露天湯船の入るところに段差があるため、ここでもみんなひっかかります。ご注意を!あとここは以前からあったスポーツジムを改装してオープンしたからか館内のいたる所に段差がありますので温泉に入ってぼーとしていると、ひっかかりますのでくれぐれもご注意を(笑)

Photo_15 Photo_16 上の写真だと分かりずらいのですが『湯らく』の前の木は桜です。知っているいる人は知っていますが(当たり前ですね)この辺りは桜の名所です。『湯らく』の前も桜並木ですし、足をのばし『湯らく』を出て右に進むと武蔵野北高校まで桜並木が続きます。武蔵野北高校のところの十字路を右折するとNTTの通信研究所がありますがここも綺麗に桜が咲いています。もう少し足をのばすと武蔵野市役所につきます。ここ市役所の前の通りは両側から桜が咲きこの時期は桜のトンネルができます。写真では分かりずらいかも知れませんがひじょうに綺麗です。ぜご自身の目でお確かめ下さい。写真は3月30日撮影満開でした。個人的にはここの桜の散り際、桜の花びらが粉雪のように舞いあたかも天国のようになる時が一番好きです。車でここを通る時桜に見とれてくれぐれも事故を起こさないように注意して下さい。本当に天国に行ってしまったら冗談にもなりませんから(笑)

Photo_17 花よりだんごの私たちのブログ、ここでひとつ絶品スウィーツを紹介します。先ほどのように『湯らく』を出て桜を見ながら歩いて行きますとチャペルがあります。そこの十字路を右折すると『三浦屋』さんがあります。レトロな外観(三浦屋さんゴメンナサイ)にだまされてはいけません(笑)ここの塩羊羹は絶品です。吉祥寺界隈では羊羹といえば『こざさ』ですが、ここの塩羊羹は『こざさ』の羊羹に勝るとも劣りません。それになんと言っても朝5時から並ばなくても買えますから(笑)

ご存知(?)のように、うちの奥さんは関西人ですので何事にも元を取らないと考えています。そのため以前の伊東温泉では湯あたりし(笑)今回も岩盤浴に入る前にサウナに死ぬほど入っていたので岩盤浴で汗があまり出なっかたのです。岩盤浴は普通ならば心地よい汗をたくさんかけますのでご安心下さい。料金も他の施設と同じ位の金額で岩盤浴プラス露天風呂が利用できますのでお得だと思います。

みなさんも今週末には岩盤浴でデトックスをして桜並木を散歩なんてどうですか?ちなみに4月2日には武蔵野市役所横でさくら祭りがおこなわれます(^_^)v

最後に前回の記事にも書きましたがホームページのほうにもよかったら遊びに来て下さい(涙)プロフィールにアドレスがでています。

デトックスレシピ50―たった7日間でからだの毒をおいしく抜く方法 Book デトックスレシピ50―たった7日間でからだの毒をおいしく抜く方法

著者:岩崎 啓子,大森 隆史
販売元:池田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年3月24日 (金)

吉祥寺Hanako①

Photo_12 私たち夫婦は時間があけば吉祥寺をぶらぶらしています。そんな私たちの楽しみのひとつがHanakoなどのタウン誌が発売されるとお店の新規開拓(笑)のため検証ツアーにでかけます。おなじみの店は安心してランチやショッピングができますが新しい店の開拓もまた楽しいものです。今回ランチに選んだのは『Hanako』35ページに紹介されていますレストランの味を気軽に味わえるダイニング『AZDINING』アズ・ダイニングです。サンロードの終わりくらいの地下1階のお店です。検証ツアーの結果はどうだったかと言いますとリーズナブルな価格にも係わらず味もとても美味しかったです。そして飲み物がおかわり自由というのがグッドです。ご注意ですがおかわりですから違う飲み物をおかわりするのはNGです(お店のかたゴメンナサイ涙)Vfsa0135_1パスタランチ と日替わりランチにコーヒー、デザートがついて飲み物おかわり自由です。とても得した気分です。 Vfsa0136_1 Photo_13

美味しくランチを食べていると突然奥さんがなんかパキパキ?しているねと言い出しました。すわっご飯が硬いのか?と思っているとご存知のようにうちの奥さんは関西人ですので待たされるの大嫌いなのですが、混雑しているにも係わらず案内もスムーズで料理も待つことなく出てきたのでどうも店員さんを褒めているようなのです。それはパキパキではなくテキパキでは?というとそうも言うけど関西ではパキパキというと言います(ホント?)

うちの奥さんはファイナンシャルプランナーとして金融機関に勤めているのですが、なんかちょっとずつ言葉を違って覚えているようです。みなさんもご存知『クイズヘキサゴン』は二人とも好きな番組で奥さんも一緒に答えているのですが先日も人の噂も85日?奥さんいわく関西人は噂好きなので75日よりも長いと言ってました。また魚心あればたな心?たな心?関西ではそう言うと言ってました(ホント?)本当にうちの奥さんは負けず嫌いです。そんな私もお恥ずかしいことについ最近まで「とりつく暇もない」、「けんもホロホロ」と思っていました。

話がそれましたが『AZDINING』の私たち夫婦の総合評価は98点です。上の写真でも分かると思いますが雰囲気はアジアンというか和風というか自然派というような感じです。マイナス2点は箸がよくある枝を加工したような箸なのですが枝かなんかなので曲がっているんです。奥さんいわく箸が曲がってなければ100点なのに(笑)ぜひ『AZDINING』に行ってこの曲がった箸を使って下さい(笑)あとくれぐれも飲み物のおかわりは同じ種類の飲み物ですから(笑)

Photo_75 ランチに満足してウインドウショッピングをしてさあ帰ろうかと思っていると東急で北海道物産展がやっていました。旭川ペイストリースナッフルズの『チーズオムレット』はとても美味しいです。北海道物産展がやっていると必ず買って帰ります。みなさんも見つけたらぜひ一度食べてみて下さい。きっとご満足いただけると思います。

吉祥寺は今週末から桜も咲きだしよい季節をむかえます。みなさんも今週末は奥さんとご自分の街のタウン誌の検証ツアーに出かけてはどうですか?もう花粉のピークも過ぎたようですから(^_^)v

ブログをはじめると同時にホームページを作成してみたのですが、基本的にこの分野はあまり得意ではないので(上の写真を回転できない事でもおわかりのように)とても苦労してやっと先日オープンすることができました。おかげさまでブログの方はちょこちょこ見にきてくれますがホームページの方はあんなに苦労したのにあまり訪問者がありません(涙)ブログのプロフィールからリンクできますのでお暇な方はぜひ訪問してみて下さい。ブログと違いまじめな私に出会えます(笑)

吉祥寺 消えた街角 Book 吉祥寺 消えた街角

著者:土屋 恂
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

MYTH-神話-試写会に行って来ました

Vfsa0139 もう公開してしまいましたがジャッキーチェンの-神話-の試写会に行って来ました。感想の前に、以前も書きましたがなぜか奥さんの前列には巨大な頭がという話をしたと思いますがなんと今回も上映開始5分前、私たちの前の小柄なおばあさんがふと席を立ちどこかえ行ったと思ったらなんと身長180CMはくだらない男性がすっと着席しました(汗)またかと思いましたが今回の一ツ橋ホールは中央から後ろは階段状になっていたのでことなきをえました(^_^)v

前おきはこれくらいで今回の映画はジャッキーチェンとパクへイン(悲しき恋歌)ことキムヒソンとチェミンス(ゴメンナサイあまり知りません)主演の映画です。ドランクモンキー『酔拳』からのジャッキーファンで最近は韓国ドラマファンの私たち夫婦ですのでおのずと期待は膨らみました。感想としては今回のテーマを2時間の映画にまとめるのはなかなか難しいのでは?という感じです。2時間という上映時間にもかかわらず長く感じませんので映画としてはおもしろいと思いますが、姫(キムヒソン)と将軍(ジャッキー)の心の交流など時間の関係でどうしても深く描かれず私たちのような熟年夫婦には少々もの足りなく感じました。また多分史実に基ずいているのか途中インドへ行くのですがここもどうかな?という感じでです。あとジャッキーがまじめすぎる役のため昔からのジャッキーファンとして物足りなさを感じたのかもしれません。個人的にはジャッキーの映画では『ラッシュアワー』や『シャンハイヌーン』のほうが好きです。今回の映画は-MYTH-神話とい意味の他、つくり話、おとぎ話という意味もあり、もじどうりおとぎ話として見ればまた違った感想を持ったかも知れません。

せっかくですので私たち遅れた韓流ブーマーのお気に入りの作品を紹介します。まずドラマではなんといっても『冬のソナタ』あやうく二人で冬ソナツアーに行くところでした(笑)と『宮廷女官チャングムの誓い』こちらもあと一歩でチャングムツアーに行くところでした(笑)これに続くのは『初恋』『コッチ』『夏の香り』です。『コッチ』はあまり有名ではありませんし最初あまりおもしろくないかもしれませんが、はまると極悪お母さん(きらいな奴にはうんこをかけに行きます)のおかしくも悲しい家族愛に引き込まれ、一緒にアイグーと言っていると思います。様々な家族愛、親子愛、夫婦愛、兄弟愛が描かれています。長男が奥さんをとても大切にするとても良い夫でうちのお奥さんに比べられたいへんでした(涙)ちなみにウォンビンもでています。

映画ではやはり『猟奇的な彼女』です。それに続くのは『ラブストーリー』あとあまり有名ではありませんが『英語完全征服』は抱腹絶倒まちがいなしです。奥さんのお勧めは『私の頭の中の消しゴム』です。ちなみに消しゴムのチョンウソンの映画では私はチャンツィーと共演した『MUSA』のほうが好きです。そういえばチョンウソンとチョンジヒョン二人共演の映画があるそうですがとても楽しみにしています(日本に来るのかな?)

私たち夫婦はおもしろいドラマにあたると土日2日がかり48時間ですべて見るという悪い癖があります。思いおこせば『星の金貨』、『ひとつ屋根の下?』にはじまり最近では『冬のソナタ』と、ずーと見ていると少々精神がやられ完全にドラマの中に入ってしまいます(笑)もう涙、涙、涙でたいへんです。もうやめようと思っても次々かりてしまいますこれも近くにTUTAYAさんがあるのがイケナイのです(TUTAYAさんゴメンナサイ)

今度の週末には夫婦で一歩も外にでず(花粉ですから)48時間DVDにひたってはどうですか?

I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔 Book I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔

著者:ジャッキー チェン,ジェフ ヤン
販売元:近代映画社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悲しき恋歌 DVD-BOX 2 DVD 悲しき恋歌 DVD-BOX 2

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

特別投稿 ホームメイドケーキ『cobu』閉店

Cobu 今日はいつものように夫婦遊びのすすめではなく吉祥寺の老舗がまたひとつ閉店したことの感想です。このブログは吉祥寺テンプレートを使用していることでもお分かりのように、またプロフィールを見ていただいても分かりますように作者は吉祥寺がたいへん好きであります。子供の頃から井の頭公園で遊び中学生からは学校帰り吉祥寺で遊んでいました。私と同年代(40歳も半ばを過ぎ)の吉祥寺フリークの特に女性、東女、藤村、吉祥女、MG(もうMGじゃないんですよねビックリ!)の方はきっとみんな知っている吉祥寺のケーキといば『cobu』が閉店しました。

子供の頃ケーキといえば不二家の苺ショートケーキでした。ちょっと贅沢するとボアの苺のショートケーキでした。小さい頃は小さいからショートケーキというのだと思っていました(笑)大人になり不二家の苺ショートを丸ごとひとつを一人で食べた時の感動は今でも忘れられません(もう年だから今やったらはきますけどね(笑))そんな私がまだペニーレーンに『cobu』があった頃ケーキはショートケーキやモンブランだけじゃないんだなと感動を覚えたのを思いだします。店内はにぎわい美味しそうなケーキを食べているお客さんたちを思い出します。当時の私は友達と斜め向かい2階の西洋乞食でだべっていたものでした。西洋乞食では同じ学校の生徒が何人たばこを見つかり補導され停学になったものか。お店には同時に様々な記憶が付属しています。そんな思い出の店が閉店になりました。新しい店ができ街が活気付くのはとても良いことですが老舗とよばれる店が閉店するのはやはり寂しいものです。

Photo_8 Photo_9 『cobu』は閉店となりましたがカフェ併設の雑貨屋『HAMMER’S』としてリニューアルオープンしました。オーナーと話をした時『cobu』が閉店したのは寂しいですねと言ったところもう30年もやってたんだから僕の方が寂しいよと、おしゃっていたのがとても印象的でした。カフェも併設しているのだからケーキをまたおいたらどうですか?と聞いたところおいおい考えるとのことでした。個人的には美味しいケーキの食べられる雑貨屋さんになったらいいなという希望です。昔から『cobu』を知っている方は吉祥寺に行った際には昔話に花を咲かせ吉祥寺の移り変わりを見ながら新しい『cobu』いや『HAMMER’S』に立ち寄ってみてはどうですか?昔ながらの『cobu』の看板が迎えてくれます。

現在の『HAMMER’S』はムサシノ体操クラブの向かいにあります(参考までに)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月 7日 (火)

表参道ショッピング&お好み焼き

夫婦で表参道にショッピングに行って来ました。この時期ですので表参道ヒルズとお思いでしょうがそこは渋いところ(何がしぶいのか笑)骨董通りの靴屋さんに行ってきました。しかし女性の靴はどうしてあんなに高いのでしょうか?ちょっとカッコいいと思えば2万円はくだりません。3万円以上の靴も特にめずらしくはありません。武蔵野地区に住んでいる私たちがなぜ青山まで靴を買いに行ったのか?会員になっている靴屋さんの会員向けプレバーゲンが春前と冬前の年2回青山であるからなのです。Photo_1 この日はあいにくの雨でしたPhoto_3 Photo_4 のでお客の出足もいまいちだろうと余裕でいつもより遅く行ったのです が、さすがというかやっぱりというかすでにお店は大混雑でした。プレバーゲンをなめていました(笑)気にいった靴はすでにサイズ売り切れああもっと早く来ていれば(涙涙涙)初めて行った時には私はあたかもプリティウーマンのリチャードギア(そんなにいいもんかと奥さん)さながら、両手に持ちきれないほどの靴を買って帰りました。デザインの良い靴がたいへんリーズナブルな価格で買うことができます。ここを知ってからは他で靴を買う気になりません。今回も写真の2足の靴を買いましたが2足で13000円でした。とてもお得な買い物でした(^_^)v

ショッピングで満足して帰るような二人ではありません。さあどこかで美味しいランチを。渋谷から井の頭線で吉祥寺へ、吉祥寺でランチか下北沢でランチか?今回は下北沢でお好み焼きランチに決定しました。下北沢お好み焼き『HIROKI』私たち夫婦のお気に入りのお店です。ご存知(?)のように奥さんは関西人です。東京には美味しいたこ焼き屋さんとお好み焼き屋さんがないというのが口癖でした(東京のたこ焼き屋さんお好み焼き屋さPhoto_5 Photo_6 んゴメンナサイ)そんな奥さんも『HIROKI』のお好み焼きは絶賛です(広島風ですが笑)この時期お勧めは季節限定かきのお好み焼きです。かきの苦手の方も他にもたくさんメニューがありますのできっとお気に入りの一品が見つかると思います。個人的には広島ねぎとしその入っているメニューをぜひお勧めします。客層も若いカップルから女友達同士、家族連れ、私たちのような夫婦と様々です。いつも行列ができていますので覚悟して行って下さい。待っても食べる価値があります。その証拠に『HIROKI』では関西人の奥さんが文句ひとつ言わず列に並びニコニコして待っています(笑)

Photo_7 食べることが大好きな二人はお腹もいっぱいにもかかわらずせっかく下北沢に来たんだからアンゼリカでパンを買って帰ろうということになりました。ご存知のようにアンゼリカはテレビ雑誌で有名なお店です。カレーパンが一番有名かな?間違いなく美味しいです。私がいちばん好きなのはバケットプリンです。一人でひとつを大人食いする時は至福のひと時です(奥さんゴメンナサイ)

今度の休みには奥さんと表参道ヒルズでショッピングをして下北沢でお好み焼きでもなんてどうですか?私たちももう少し落ち着いたら表参道ヒルズに行ってみようかと言っています。しかしながらまだ六本木ヒルズさえ行っていません。表参道ヒルズに行くのはいつになることやら(笑)

遊び尽くし お好み焼き免許皆伝―東西の熱い競演・基本テクニック Book 遊び尽くし お好み焼き免許皆伝―東西の熱い競演・基本テクニック

著者:井畝 満夫,岩淵 龍三
販売元:創森社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »