« ナイロビの蜂&ランチ&スウィーツその1 | トップページ | 涙で文字が・・・・・ »

2006年6月14日 (水)

ナイロビの蜂&ランチ&スウィーツその2

Photo_32 前回の続きです。美味しいハンバーグを食べた私たち二人は西口小田急デパート方面へ。それというのも、奥さんはお客さんから美味しいパン屋さん、私は行きつけのヘアーサロンのオーナー夫妻からスウィーツの情報をそれぞれゲット、偶然にもたまたま2軒とも小田急の食品街にあることが分かりお腹もいっぱいなのに行ってみました(笑)

まずは『墨絵(すみのえ)』写真でもわかると思いますが絵は難しいほうの字です、変換できなかった(涙)奥さんのお客さんの紹介どうりパンを買い、観察していると横はお店になっていて食事ができるようになっていました。お客さんいわくランチも美味しいとのこでしたので、店頭のメニューを見てみたのですがビックリ!パスタランチが2千数百円、私たち夫婦には敷居の高いお店でした(涙)

Photo_33 その横がもう一軒のお店『豆とうろ』でした。吉祥寺でヘアーサロンを経営しているご夫婦から教えてもらったお店です。ここは髪を切りながら美味しいお店の情報交換(笑)をしている時に、抹茶スウィーツの話になり、甘さ控えめで美味しい抹茶アイスに小豆アンをのせたスウィーツがあると教えてもらいました。奥さんが甘さ控えめと教えてくれましたが、ご主人は抹茶アイスは甘くない、小豆アンが甘いんだと意見の相違がありました(笑)今度私が行ってどちらが正しいか判定して報告しますと、それで行ってみました。

しかし写真はずんだアンにバニラアイス、白玉のせ黒蜜そえです。甘いもの好きな私はパソコンで文字を打つだけで思い出しヨダレが。うちの奥さんがずんだ好きですので抹茶アイスはたのみませんでした(判定できずゴメンナサイ)ちなみに抹茶アイス小豆あんのせがお店の一番人気だそうです。今度行ったときには食べます(笑)

店の前がイートインコーナーになっていてそこで食べていると先ほどの『墨絵』のショーケースに何かが運ばれてきました。奥さんの目がキラッと、ひとひかり、何か奥さんの食べ物レーダーにひっかかったみたいです。そこで奥さんがみつけたのはテイクアウト用の「鳥肉の蜂蜜煮マスタード風」と「豚ひれ肉のオレンジソースがけ」ともに380円迷わずお買い上げ、帰宅後買ってきたパンと一緒に食べました。パンも美味しかったのですがテイクアウトの料理の美味しいこと美味しいこと380円という値段とは思えない美味しさです。キレイな皿に盛り付ければ1500円から2000円の値段をつけても誰も文句言わないと思います。

週末は美味しいスウィーツと美味しいテイクアウト料理で家飯をおしゃれなディナーにしてみてはどうですか?あと個人的な注意事項ですが、料理はひとり一品にしたほうが良いですよ。欲張って両方交互に食べると口の中で料理の味が混ざりチョットビミョーです(笑)

お得な保険情報がゲットできるホームページにも良かったら遊びに来て下さい(^^)v

http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

|

« ナイロビの蜂&ランチ&スウィーツその1 | トップページ | 涙で文字が・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31508/2213277

この記事へのトラックバック一覧です: ナイロビの蜂&ランチ&スウィーツその2:

« ナイロビの蜂&ランチ&スウィーツその1 | トップページ | 涙で文字が・・・・・ »