« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月28日 (火)

吉祥寺でランチ⑤ ハモニカ横丁で真昼の決闘(笑)

Photo_116 今回紹介するのは、私たち夫婦が大好きな吉祥寺茹で上げ生パスタ『スパ吉』です。

吉祥寺にはカプリチョーザ、タパスタパスをはじめ美味しいパスタ屋さんは数限りなくあります。しかしここ『スパ吉』ができて数年、ほとんどスパ吉にしか行かなくなりました(他のパスタ屋さんゴメンナサイ) とにかくパスタがもちもちしていて美味しいのです(^^)v

場所はハモニカ横丁の中にあります。写真でも分かるようにいつも行列が絶えないのですぐ分かると思います。並ぶのと待つのが大嫌いな関西人の奥さんが足繁く通うお店ですので味は保障します(笑) 

行列と言えばこの日も・・・・・(笑) 二人で『スパ吉』に行こうとハモニカ横丁に入ったとたんの事でした。スパ吉をはさんで奥さんとOL風の女性の目が一瞬合いキラッ!と、ひかりました!お互いスパ吉の列に並ぶ事を本能的にさとったようです。奥さん私をおいてダッシュです!むこうの女性も早足に・・・・・そこはたぶん関東人、さすがに走る事はできず・・・・・列には勝ち誇った奥さんが・・・・・(笑) 待っているあいだOL風の女性の視線を感じちょっと恥ずかしい私でした(笑) まあここは生パスタのお店なので結構この一人違いは食べるまでの時間に大きく影響しますので奥さんの気持ちも分かります(ゴメンナサイ)

Photo_117 なにを食べても美味しいここ『スパ吉』で最近の私たちのお勧めは『スパ吉風カルボナーラキムチのせ』です。これは美味しいです(^^)v はっきり言ってカルボナーラの嫌い(笑)な私が最近は行くたびに食べる逸品です。普通カルボナーラというと少し、しつこい感じですが、ここのはキムチがトッピングされ、しつこさを消しサッパリしていながら、それでいてカルボナーラらしさを残し本当に美味しいです(^^)v 皆さんも行った際にはぜひ(^^)v

Photo_118 Photo_119 これでウインドウショッピングでもして帰れば痩せもするのでしょうが(笑) 本日のデザートはまたまたお気に入りの『ウッドヴェリーズ』のフローズンヨーグルトです。ここは私の記憶に間違いが無ければ寒くなると冬眠に入ると思いますので早めに行ったほうが良いです(笑)

ここはフローズンヨーグルトとフレッシュフルーツを混ぜます。1~2種類のフルーツを混ぜる訳ですが、どうしても強い味のフルーツが勝ってしまい2種類混ぜてもひとつの味しかしないなんてこともありますので、フルーツ選びは慎重に(笑) 私たちのお勧めはフルーツは1種類を選ぶことをお勧めします(笑) 男性にはクリームチーズがお勧めです。旅行雑誌等で有名なハワイのアラモアナショッピングセンターにある『ヤミーヨーグルト』よりも数段美味しいですから(^^)v (ヤミーさんゴメンナサイ)

という訳で週末は美味しいパスタを食べて、過ぎ行く夏(?)を思い出しつつフローズンヨーグルトを食べに吉祥寺に出かけてみてはどうですか?

ブログ『保険の解説屋』                           ☆生活習慣病をえっ?3倍?保障する終身医療保険          http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                      http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年11月24日 (金)

韓国ドラマ『フルハウス』

Photo_115 いや~泣いた泣いた笑いすぎて(^^)v そしてセツナイネ~そして良かった(^^)v

またまたやってしまいました(笑) もう病気です(笑) 韓国ドラマ『フルハウス』またまたドップリはまり約3日で観終わりました。

ピくん(ヨンジェ役)とソン・へギョさん(ジウン役)共演のドラマで今まで見た韓国ドラマで一番笑いました。10話くらいまでは毎回二人とも涙を流すくらい笑い転げていました。10話以降ドラマのトーンは切ない物語になり、最初が明るい物語でしたので、このセツナサがいっそうグッと心に響きます。

偶然に出会った二人がヒョン(兄貴ではありませんから(笑))な事から一緒に暮らしはじめますが、近すぎるゆえに最初はお互いの気持ちが分からずいつもケンカばかり・・・・・しかしこの出会いは偶然ではなく運命の出会い・・・・・お互いの気持ちに気づき・・・・・、あ~思い出しだけでセツナイ気持ちになります。

ピくんは『このひとでなしの愛』以来、ソン・へギョさんは『ホテリアー』以来です。ピくんは前回のカン・ボック役ほどのインパクトは無いものの、このヨンジェ役はピくん魅力爆発です。笑顔の下の切ない気持ち・・・非常に良かったです。ソン・へギョさんは今までみたドラマの中ではこれが一番良かったです。

私たち夫婦はこのドラマではヨンジェの家族達が好きで、奥さんは特におばあちゃんが大好きになり最後の方ではあまり出てこなかったので、たいへん残念がっていました。奥さんは気がつくと『クマ3匹』を口ずさんでいます(笑) 分かる人には分かると思います(笑)

日曜日8話、月曜日2話、火曜日4話、水曜日の夜最終2話で見終わったのですが、この水曜日の昼に私は大失態をしでかしてしまいました・・・・・(涙) この前日午前2時くらいまでで14話(全16話)まで観ていたので、まだ頭の中はヨンジェとジウンでいっぱいでした。私はお昼をマクドナルドで食べていました。そこで最近録音した福耳の『星のかけらを探しに行こう・・・アゲイン』を聞いていました。この歌以前から好きだったのですが、この日は聞いているうちに歌詞がまるでこのヨンジェとジウンの事を歌っているようなのです。気がつくと私は大粒の涙を流していました。そして気がつくと周りのお客さんの白い目が・・・・・そこに運悪く、この日に限って昼食中マナーモードにするのを忘れていたのですが、父からの電話、父からの着メロはNHK朝どら『てるてる家族』です。あの明るいというかちょっとアホっぽいメロディーが・・・・・恥ずかしくて死にそうでした・・・・・(涙)

しかし韓国ドラマは次から次に面白いドラマがいっぱいですね。奥さんはヨンジェとジウンにもう会えないと寂しがっています。そしてなにかと言うと『ヤー』とか言ってます(笑)

今回もこの『フルハウス』をかしてくれたMさん、本当にありがとござました。そしてまだ観ていない皆さんはこの『フルハウス』絶対お勧めです(^^)v そうそう『フルハウス』が好きな方はぜひいちど福耳(杏子・山崎まさよし・スガシカオのユニット)の『星のかけらを探しにいこう・・・・アゲイン』を聞いてみて下さい。きっと泣きますよ、ちなみにうちの奥さんは泣きませんでした(笑)

☆ブログ人気ランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします(^^)v ⇒ http://blog.with2.net/link.php?414213

ブログ『保険の解説屋』                          ☆ i (アイ)自賠スタート -損保ジャパン-              http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                      http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | トラックバック (2)

2006年11月21日 (火)

吉祥寺でランチ④ 無印で、え~(涙)

Photo_112 久しぶりに吉祥寺のランチ情報です。もともと私たちの吉祥寺ライフを紹介しようと始めたこのブログ、しかし吉祥寺情報がこんな久しぶりになるとは(笑) ではどうぞ(^^)v

週末夫婦で吉祥寺にランチを食べに行きました。今回選んだのは『キツネの卵』というお店です。武蔵野リビングの私のお気に入りの店という記事で紹介されたお店です(ミーハーでしょ) 1000円前後で美味しいランチが食べられるとの情報で早速行ってみました。

Photo_113 Photo_114 今回オーダーしたのは牛肉の赤ワイン煮(?)と豚のソテーリゾット添え(?)です。料理の名前は正確ではありません(笑) 記事にたがわずリーズナブルな値段にも係わらず料理も美味しくここにデザートと飲み物がつくお得なセットです。皆さんも吉祥寺のランチスポットにぜひ加えて下さい(^^)v

私たち夫婦の意見ですが豚のソテーリゾット添えのほうが美味しかったです。場所は南口のバス通り沿いで近くには輸入レコード屋さんや『ハバナムーン』があります。ちなみにこの『ハバナムーン』は知人の友人がやっているお店です。関係無いですね(笑)

しかしうちの奥さんはどうしていつも不運なのかと思わずにいれません(笑) 待つのが嫌いな関西人の奥さんはお腹がへっていたのも重なって席に着くなり、まだオーダーをとりに来たのではない(テーブルを片付けに来た)スタッフにいきなりオーダーです。案の定、次に来たカップルとオーダーが混乱し私の豚料理、隣のカップルの料理、そして最後に奥さんの料理という順番で来ました(笑) 奥さんの眉間にはいつもの深いシワが刻まれた事は言うまでもありません(笑) しかしこんな目にあったのも係わらず(まぁ自分がせっかちだからですけどネ)また来ようという位ですから味は保障します(笑)

この日の奥さんの不運はまだ終わらなかったのです(笑) ぶらぶらと『無印良品』へ。マネキンが2連(二重巻き)のかわいいベルトをしているのを発見です。欲しい色がマネキンがしている物だけだったので、スタッフにとってもらい試着してみました。まず一回り(ちょっとやな予感)そしてもう一回りやはり・・・・・ベルトは締めるこどが出来ませんでした(笑) もう少し長いのはありますか?と奥さん、スタッフ「申し訳ありませんフリーサイズでワンサイズになっております」お礼を言いソッコウで無印を出る二人でした(笑)

出るなり奥さんは「まぁご飯食べたばっかりだしね」とひとり自分を納得させていました(笑)

皆さんも週末に吉祥寺でランチデートなんてどうですか?『キツネの卵』はランチタイム、時間を考えないと並ぶこと必至です(^^)v

ブログ『保険の解説屋』                          ☆ i (アイ)自賠スタート -損保ジャパン-               http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                    http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

 

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年11月16日 (木)

奥多摩紅葉ドライブ 温泉&釜飯

11月連休初日、更年期障害(笑)で眠りの浅い私たち夫婦は休みにも係わらず朝早くから目が覚め急に思い立ち『ほったらし温泉』へ行くことにしました。湯布院黒川ドライブが楽しかったのでまたまたドライブへGO!です。

しか~し連休をなめていました・・・・・(涙) 中央高速渋滞中とのことで八王子までは下で行こうと出発しましたが下も当然のように渋滞です。気の短い関西人の奥さんの眉間には既に深いシワが刻まれています(ヤバイナ~・・・) 渋滞は長くなる一方です。そこに輪をかけて奥さんのお客さんからクレームの電話です。奥さんは完全にブチ切れで立川のあたりでもう帰ると言い出しました。とりあえず近くのファミレスへ、熱いコーヒーで少し落ち着いた奥さんは行き先変更で奥多摩へ行こうと言い出しました。

そういう訳で奥多摩へ向ったのですが今度は道がよく分かりません。地図の見れない(見るのが嫌い)奥さん、本能的に道を指示(笑)どんどん道に迷い今度は私がブチ切れです(笑) もう帰る!やっぱり『ナビ子さん』のいないドライブは二人には鬼門でした(笑)

奥さんになだめられつつ、やっと知っている道にでてあらためて奥多摩へGO!です。今週末くらいは紅葉もいい感じだと思いますので、ここからは週末夫婦デートの参考にどうぞ(^^)v

Photo_106 まずは釜飯『なかい』です。http://www.all-tama.co.jp/shop.php?id=67 人気の釜飯屋さんです。久しぶりに行ったのですが相変わらずの混雑ぶりでした。紅葉の季節には店の周りも紅葉に染まり風情があり、よりいっそう釜飯を美味しくしてくれます。

今回は二人とも釜飯と水炊きセットを注文しました。以前行った時には釜飯の単品もあったような気がしますが今回はメニューは単品は載っていませんでした。セットは結構ボリュームがあるのでセット一つと釜飯単品Photo_107 でOKか聞いてOKならそれで十分だと思います。以前の水炊きはあまり具が入っていなかったのですが、その分、濃厚な鳥のダシが出てとても美味しかったです。今回は白菜等具が増えその分なにか鳥の味が薄かったような? 個人的な感想です(笑)

さてお腹もいっぱいになったので日帰り温泉『もえぎの湯』へ! http://www.okutamas.co.jp/moegi/index_mo.html

ここも奥多摩では人気の日帰り温泉です。内湯と露天があります。ここで注意ですが、ここ『もえぎの湯』は内湯は温泉ですが露天はしょうが湯とかゆず湯とかで温泉ではありません。奥さんはずっと露天に入っていて温泉に行って温泉に入らずと言う大失態をしてしまいました(T T) 露天は紅葉の頃はいっそう綺麗になります。

Photo_108 まだまだ帰らない二人です(^^)v 帰り道『澤乃井』で寄り道です。ここも風情がありとても綺麗なところです。写真の渓流沿いも紅葉の季節にはそれはそれは素晴らしい景色になるそうです。併設の豆腐会席『ままごとや』は渓流沿いの素晴らしい食事処ですが、ちょっとお高いのが玉に瑕です(笑) 横に売店があり、オープンテラスというかイートインというか(笑) 澤乃井自慢の絞りたてのお酒や甘酒、そばや、ちょっとしたおつまみもあり綺麗な景色をみながら食べることが出来ます。奥さんは甘酒を私は無料のお茶を(笑) まったりとした良い時間を過ごしました。

お土産に美味しい豆腐(今夜は湯豆腐です)とゆず風味のわらび餅を買って帰りました。このゆず風味のわらび餅美、味しいこと美味しいこと行かれた方はぜひお土産に(^^)v

Photo_110 Photo_111 日も傾きそろそろ家路へ、行きにも気になったのですが、『へそまんじゅう』って何かな?帰り道つい寄ってしまいました。ふかし立ての『へそまんじゅう』それはそれは美味しかったです。よくある温泉まんじゅうですが、ひじょう~に美味しかったです(^^)v とおりかかったら必ず食べましょう!ふかし立てをその場で食べましょう!たぶん持ち帰って食べてもこの感動はないと思います。

ちなみに写真の二人は私たち夫婦ではありません(笑) まんじゅうの下側に写っているのは奥さんの指です(笑) ネイルは私の作品です(^^)v ネイルの話題はまた後日。

ナビが無いためあやうく離婚の危機に直面した二人(笑) 翌日さっそくオートバックスへナビを見に行きました。買うと思うとなかなか高額でまた取り外し型か入れ込み型かどっちが良いのですか?詳しい方ぜひアドバイスを(笑) という事で私たちの愛車にはいまだ『ナビ』がありません・・・・・(涙)

今週末は電車で『澤乃井』で美味しい絞りたてのお酒と紅葉三昧、車だったら釜飯&温泉で紅葉三昧なんてどうですか? 私たち夫婦は何故か紅葉には縁が無いんですよね~(笑)

ブログ『保険の解説屋』                           ☆ i (アイ)自賠スタート -損保ジャパン-              http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ             http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2006年11月15日 (水)

黒川温泉へGO!②山河旅館(^^)v

Photo_103 楽しみしていた黒川温泉『山河旅館』 http://www.sanga-ryokan.com/ に到着です。駐車場ではアメリカ人のクリス君?マイク君?あれっ何だっけ?が迎えてくれました(笑) 名前知っている方がいたらぜひ教えて下さい。こんな山深い温泉でアメリカ人の従業員に会うと結構ビックリします(笑)

通された部屋は写真のとおり非常に風情があって良かったです。窓の外には渓流が流れ川のせせらぎしか聞こえない心落ちつく部屋でした(^^)v 紅葉の季節には窓の外が色づきさらに素晴らしい景色になるそうです。残念・・・・・(T T) 

Photo_105 さあ温泉です。まずここ『六尺桶風呂』です。ここは家族風呂で予約したり空いていたら入れます。山河旅館のホームページには様々なお風呂が画像付きで紹介されていますのでぜひどうぞ。私たち夫婦のいち押しはここ『六尺桶風呂』です。渓流を見下ろすこのお風呂はとても気持ち良かったです(^^)v

旅行雑誌には露天風呂は混浴と記載がありますが男女別になっているようでした。大露天の奥さんの感想第一声は「鉄くさい」でした(笑) ここのお風呂は風呂毎に泉質が違うそうです。鉄くさいと言うくらいですから成分は濃いという事だと思います。夜従業員さんとお風呂が一緒になったのですがここ『山河旅館』が黒川で一番泉質が良いと言ってました。他には行っていないので私たちんは比べられませんが(笑) お風呂はとても良かったです。

そして食事です。あまりにも美味しそうな料理だったので写真を撮るのを忘れました(笑) 奥さんのコメントで想像して下さい。今まで旅行でいろいろ食べたけどここ『山河旅館』の料理が一番美味しくそして綺麗との感想でした。ほんと見た目にも綺麗で味も抜群でした。風呂良し、料理良し、そして宿の皆さんもたいへん親切で本当に良い時間を過ごさせていただきました。旅館の皆様ありがとうございました(^^)v

奥さんがここ黒川温泉の数ある旅館から選びに選んだここ『山河旅館』大正解でした。

さて楽しい旅行も終わりを迎えようとしています。熊本空港から羽田へ。今回の旅行を楽しくしてくれたある人にお礼を言いたいと思います。それは真っ赤なパッソの『ナビ子さん』です(笑) 実は私たち夫婦の愛車にはナビがついていません(T T) 車間距離をとったり黄色信号で止まると怒る関西人の奥さんと東京人の中でもかなり運転のトロイこの私(T T) ドライブに行く度に実はいつも大喧嘩だったのです。しかし今回このナビ子さん(女性の音声だったので)には夫婦二人とも大感謝でした(笑)

ナビ子さんの音声を聞きながらこの声、男になったりレンタカーなんだからその地方の方言で案内してくれればいいのに、とか二人で楽しんでいました。道間違ったら、「どこ行くねん!」とか「アホやな~間違えたやろ」とか言ったら面白いと思いません(笑)

今回で湯布院、黒川温泉紀行は終了です。次回は奥多摩紅葉ドライブです。しかしこのドライブもうナビ子さんもいませんのでたいへんな事になりました(T T)

ブログ『保険の解説屋』                          ☆損保系生保不払い問題について                    http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                     http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年11月14日 (火)

黒川温泉へGO!①阿蘇山えっ?

Photo_3 楽しかった湯布院ともお別れです(涙) さあ黒川温泉へ! まっすぐ行っても面白くないのでちょっと寄り道です。ここ『大観峰』はまさに絶景です!写真ではその雄大さの100分の1も表せていません。心洗われるような爽やかな絶景です。

普段、世俗の垢にまみれた私たち夫婦も清らかに心洗われました(笑) 朝早かったのであまり人もおらず本当に良かったです。帰る頃に団体旅行のバスが3台ほど入って来ました。見ると中国からの団体さんのようでした。聞いたところによるとここ九州には最近、韓国や中国からたくさん観光客が来るそうです。

Photo_4 次の寄り道は今回の旅行の一つの目玉、『阿蘇山』です。奥さんはここ阿蘇山に高校生の時(数十年前?)に来たことがあり、今回どうしても行きたいスポットでした。

着いてみると今日は火山ガスと風向きの関係で火口付近は立ち入り禁止との表示が・・・・・一気に暗くなる奥さんでした。楽しみにしていたのに・・・・・(T T) 残念がる奥さんとお土産物売り場で何か試食出来ないかとウロウロしていると(笑) 外がなにやら騒がしいような?風向きが変わり火口までの道路が開通しています。私たちも速攻で車へ、なんて運が良いんだと喜ぶ奥さんでした。さあ火口です、知らなかったのですが火山ガスというのは恐ろしいもので風向きが変わったとは言え息苦しくビックリしました。たいへん不謹慎ですがこのとき初めて三宅島の方の苦労を身を持って理解したような気がしました。

そんなことを一人思っていると奥さんは急ぎ足で火口付近へ、追いつくとなぜか奥さんの顔は曇っています。あんなに楽しみにしていたのに何でかな?奥さんいわく「こんなにショボかったかな~?」どうやら高校生の時の記憶はかなり美化されていたようで、かってにガッカリしていました。そうなると早いもので1分もたたないうちに、もう帰ろう帰ろうと言い出しました・・・・・自分があんなに行きたがっていたのでは?私は初めてだったのでもう少しいようと言うと、火山ガスを侮ってたいへんなことになっても知らんで!自営業者は体が命やろ!と私を連れて下山しました。確かに火山ガスは想像以上に恐ろしいものでした(恐)

今回の旅行で奥さんが楽しみにしていた『阿蘇山紀行』はものの1~2分で終了しました(笑) さてさてこれから黒川温泉『山河旅館』へどんな旅館か楽しみに真っ赤なパッソは走るのでした・・・・・あ~恥ずかしい(笑)

ブログ『保険の解説屋』                          ☆損保系生保不払い問題について                    http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                      http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 9日 (木)

湯布院へGO!⑤晩御飯情報

Photo_97 奥さんの会社の保養所に宿泊していましたので晩御飯は地元の方に紹介してもらったここ『ねんりん』へ。

お店は湯布院の駅からメイン通りを5分ほど行ったところにあります。繁盛していてお客さんは地元の方がほとんどでした。 奥さんはカゴに小鉢がたくさん入り見ても綺麗な定食を私は地元名物地鳥の天ぷら定食を頼みました。この地鳥の天ぷらは大分ではポピュラーな食べ物で今回の旅行ではここ以外でも食べましたがとても美味しかったです(^^)v ここ『ねPhoto_100Photo_102 んりん』は料理も美味しく値段も手頃でお勧めです。

どうも仕事柄周りの会話には、悪いと思いつつ、つい聞き耳をたててしまいます(笑)となりのカップルの女の子が『うちもそうやけん』とか言っています。しかし方言ていうのはホントいいですよね~うちの奥さんもご存知関西人ですが、正確には奈良県人ですので大和弁なんですが標準語でずっと育って来た者にはこの女性が使う言葉(方言)は非常に魅力的に聞こえます。

しかし東京に来て数十年いっこうに標準語を話せない(本人は標準語を話しているつもりです)奥さんは若干問題があるような(笑) そうそう最近では非常に頻繁に韓国語を聞くので韓国語方が薩摩弁や東北弁より理解できる自分がいます(笑) 薩摩弁って江戸からのスパイが聞いても、わざと分からないようにああいう言葉にしたって本当ですか?

ブログ『保険の解説屋』                          ☆損保系生保不払い問題について                  http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                     http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

 

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2006年11月 6日 (月)

韓国ドラマ『この人でなしの愛』

Photo_96またまたやってしまいました(笑)仕事前日にも係わらず午前2時までで最終回まで見終わりました。

『この人でなしの愛』奥さんは今日の朝もまだ胸が痛い~といいながら寝不足でふらふらしながら仕事へ行きました。ピとシン・ミナ主演他にキム・サラン、イ・ギウなどが出演しています。

見始める前、なぜか私はピとKを混同しており下ネタ大王のK主演のドラマでなんだか見始めるのがおっくうでした(笑) そして見始めたのですが、はっきり言って9話までは面白くありません(ゴメンナサイ)ここまででやめないようご注意を(笑)

10話以降(DVD全16話)胸の痛くなるドラマです。見終わってブログなどでいろいろ検索していると実際は16話ではなくもう少しあったようです。ブログで検索して分かった内容も結構ありました。そんな関係で少しわかりずらい内容でした。検索したところ脚本家が私たち夫婦に大きなインパクトを与えた『ごめん愛してる』と同じということが分かり何故か納得する二人でした。

個人的にはダジョン(キム・サラン)の一途な愛が切なく胸が痛かったです。このドラマをDVDで見る場合はネタバレしないように注意しながらドラマの背景、例えばダジョンとボックは孤児院で一緒に育ったとか(DVDではいっさい触れられていません)調べて見たほうがより面白く見れると思います。

最近うちの奥さんは1日に1回は韓国語を聞かないと落ち着かないと言っています。さらに韓国人になろうかな~と訳の分からないことを言っています(笑)どうやって韓国人になるのか聞くと『ペさん』と結婚すれば韓国人になれるかな~と、んっ?ペさん?いわずと知れたペ・ヨンジュン、ヨンさまのことです、何も言えない私でした・・・・・(ヨンさまファンの皆々様ゴメンナサイ) (^^)v

ブログ『保険の解説屋』                          ☆火災保険ムダ払い-朝日新聞-                   http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                     http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年11月 4日 (土)

湯布院へGO!④絶景露天風呂&またまたプリン

Photo_2 『山のホテル夢想園』の露天風呂(女湯)です。今回の湯布院旅行では奥さんの会社の保養所を利用したので温泉はここ『山のホテル夢想園』に行こうと前々から計画していました。しかし湯布院の宿ってなんであんあに高いのですかね~(笑)

ここはホテルの温泉ですが日帰り利用もできます。料金はなんと!露天風呂&家族風呂(露天)両方利用できて700円お得で~す(^^)vそしてこの由布岳を望む絶景二人とも大感激でした(^^)v&(^^)v

あまりの絶景に奥さんは自分の携帯で撮影してしまいました・・・・・誰も写っていなかったから良かったものの、きつく怒っておきました(ゴメンナサイ) 家族風呂は予約制ではなく空いていれば1時間を目安に使っていいというものです。しかし人気があるのでなかなか空いてはいません。みんな入り口の前で待って順番待ちをして利用しています。

私たち夫婦も露天風呂に行く前に家族風呂が空いていないかチェック、一組待ちでしたのでそのまま露天風呂へ。時間を決めお互い別々に露天へ、出ると携帯が家族風呂誰も待っていないから並んでいるとの連絡です。

最初10分くらいは露天の感動や家族風呂はどんなかな~とか、楽しいひと時です。しかしそこは待つのが大嫌いな関西人の奥さん15分もたつ頃からひたいにイライラじわが!30分もたつ頃には長すぎるから宿の人に言ってきてと私に、えっ?1時間を目安って書いてあるじゃん???人気の家族風呂が来た時に誰もいなかったということは、入ったばっかリだったからじゃないの?となだめるとイライラしながらも、ここまで待って止めるのも癪にさわると待ち続けます。私は心の中でお願いだから早く出て来てくれと願っていました(笑)

しかしそれから10分まだ出て来ません。ひたいのシワはさらに深く!私はこの生垣の向こうは男湯で男湯丸見えだから男湯でも見て待ってたらといらない一言を・・・・・そんなもの見たくない(怒)と奥さんに怒られました(笑)そして待つこと約55分やっと出て来ました。そこには非常に不機嫌な奥さんが、出てきた3人組みは何があったのかわからず出て行きました(別にあなた達は悪くありませんゴメンナサイ)

いざ家族露天に入ると由布岳も見え天使の微笑みの奥さんが(笑)すぐ機嫌が直るのも奥さんの良い点でもあります。私たちは30分弱で出ました(笑)

Photo_95そしてホテルの喫茶コーナーで1日40食限定のプリンを、もう遅い時間なので無いだろうな~と半ば諦め行ったのですが大丈夫ですよ、との一言。あれっ?まだあるんだ美味しいのかな?と疑問を持ちつつ口へ(^^)v美味しい~うまい~(^^)vなんで残っているのか不思議なくらい美味しかったです(笑)皆さんもここに行ったら絶対食べて下さいお勧めです。

ブログ『保険の解説屋』                          ☆火災保険料ムダ払い-朝日新聞-                 http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                     http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

『サッドムービー』試写会へ行って来ました

Sad 湯布院黒川旅行記は1回お休みです。昨日中野サンプラザに『サッドムービー』の試写会に夫婦で行って来ました。

好きな俳優、女優さん達がたくさん出ており映画も大好きな『ラブアクチュアリー』のようなオムニバス形式でかなり前から楽しみにしていました。楽しみにしていたからこそ言いたいことが山ほど・・・・・・今回はネタバレバレですのでまだ観ていない方はご注意下さい。

『MUSA』のチョン・ウソン、『ごめん愛してる』のイム・スジョン、『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン、『この人でなしの愛』で共演しているイ・ギウとシン・ミナ(現在3話まで観ています)等々豪華キャストです。4組のカップルや親子の悲しい別れをオムニバス形式で描いていきます。しか~し!チョン・ウソン(消防士)とイム・スジョンはたぶん火災で彼が死んでしまうんだろうな~、チャ・テヒョンくんは別れさせ屋をやっているのですが最後は自分に別れの依頼が来るんだろうな~、親子の物語はきっとお母さんがガンで死んでしまうんだろうな~とだいたい最初から想像がつく物語です。

唯一シン・ミナとイ・ギウの物語は楽しくも切ない淡い恋心を描いた物語で良かったです。チョン・ウソンが死ぬ場面もなんだかな~という感じでした。『炎のメモリアル』と『アルマゲドン』を足して2で割ったような感じです(笑)

あいかわらずチョン・ウソンはカッコイイし、イム・スジョンもいいし、チャ・テヒョンくんはいつものテヒョンくんだし親子の物語では学校の前の横断歩道の場面ではホロッとくるし、良い映画ではあるのですが、期待が大きかったのとあらかじめ読める物語だったのですごく良かった~てな感じではありませんでした(ゴメンナサイ)

個人的にはチョン・ウソンとイム・スジョンの死別はチョン・ウソンが死ぬのではなく韓国定番の交通事故でイム・スジョンが死んで遺影にチョン・ウソンが涙ながらに出来なかったプロポーズをした方が感動的だったのではと思います(^^)v

ちなみに奥さんは横でずっとハンカチを使っていたので、泣いてるのか?と思いよく見てみると暑かったのかずっと汗を拭いていました(笑)奥さんは、まあまあ面白かったと言っていましたが普通かな?という感じだそうです(映画関係者の方ゴメンナサイ)

4種類の物語が語られていますので誰でもが一つは共感できる物語があると思います。私は不謹慎にも映画を観ながらイム・スジョンが「アズッシ~」とか「ケンチャンタ~ケンチャンタ~ケンチャンタ~」とか言わないかな~とず~と思っていました。分かる人には分かると思います(^^)v

ブログ『保険の解説屋』                          ☆火災保険料ムダ払い -朝日新聞-                 http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

『保険の解説屋』ホームページ                  http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

| | コメント (3) | トラックバック (5)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »