« 枝垂桜の名所・・・今頃かよ(^^;) | トップページ | シベリア文太を知っているか(笑) »

2007年6月 4日 (月)

韓国ドラマ『真実』

0054 う・・・・・う~ん・・・・・なるほどね・・・・・韓国ドラマ『真実』全16話観終わりました。

リュウ・シオン、チェ・ジウ主演で韓国で50%以上の視聴率をたたき出し、韓国ドラマファンの中でも評価の高いドラマです。私たち夫婦の中の韓国ドラマカテゴリーではゆがみ系に分類されるドラマでした(笑)

以下はネタバレがありますのでご注意を(^^)v

衝撃の自動車事故から物語はスタートし・・・物語は主人公達の高校時代へと・・・・・そうなんです物語の最初の場面で主人公と敵役の和解・・・そして交通事故と普通の韓国ドラマでは終わり頃の話からスタートします。そのためDVD入れ間違えたのかと思いました(笑)

そんな始まりかたのため前半で主人公ジャヨン(チェ・ジウ)がいくら可愛そうな場面に遭遇しても事故前にはヒョヌ(リュウ・シオン)と結ばれているので、いまひとつ感情移入ができません。そのまま12話まで事故前の物語が続いていきます・・・

いつものように(笑) 貧しい家のジャヨンが財閥の一人息子ヒョヌと恋に落ち・・・いつものように(笑) 財閥の母親に反対されるのですが、すぐに許してもらい・・・失意のうちに田舎に行ったジャヨンを探しに行くとあっさり会え・・・事故でヒョヌが記憶喪失になるのですが、これもすぐに記憶を取り戻し・・・そして最終回を迎えジャヨンとヒョヌはめでたく二人で留学へ・・・

見終わって奥さんはなんか、いまいちだったね・・・本当にこのドラマ評判良かったの・・・? 私が選んだので責任を感じる私(^^;) その時でしたフッと『真実』が分かったのです・・・

リュウ・シオンとチェ・ジウというビックネームのドラマでしたので当然この二人が主人公と思って観ていたのですが、このドラマの本当の主人公は裕福な家の娘シニ(パク・ソニョン)と貧しい家の出のスンジェ(ソン・ジチャン)の歪んだ愛の破滅の物語だったのです。そう思って思い返してみるとなるほどな~と思えるドラマです。

貧しくお金がないために満足な治療もできずに父親を死なせた事をがトラウマとなり、能力はあるのに貧しく大学に行けず韓国学歴社会の壁にぶち当たり歪んだ権力志向を持つようになるスンジェ・・・

裕福な家庭に育ち何不自由なく幸せだったシニ・・・そこへ父の運転手の娘ジャヨンが同居を始め常に成績優秀なジャヨンと比べられ優しかった父親から疎まれていると誤解し父親の愛情に飢え・・・何一つジャヨンに対し自信を持てるものがなく、そして初恋の相手ヒョヌまでもがジャヨンに惹かれて・・・嫉妬に心を焼かれていくシニ・・・

ここに資産家の奥さんを貰いソウル市長にまで登りつめる野心家のシニの父が自分の政治生命を守ろうと娘に交通事故の隠蔽を指示・・・そしてその秘密を知っているスンジェを口封じに娘の婿に迎え・・・その後そのスンジェを殺そうと・・・

そして最後にはシニに対する愛情を確信したスンジェはシニを守るために殺人にまで手を染め・・・シニはたった一つの人に誇れるレポーターという仕事を守るために交通事故を隠蔽・・・嘘に嘘を重ね最後には自殺にまで追い込まれてしまいます。そんなシニを心から愛したスンジェはシニとの心中を決意するのです。

家族を犠牲にしてまでソウル市長の座を守ろうとしたシニの父親は全てを失いなおかつ娘のシニの死までも突きつけられるのでした・・・・・

このドラマは今までの韓国ドラマのようにジャヨンとヒョヌのラブストーリーではなくスンジェとシニの悲しくも歪んだ愛憎物語なのです。最終回はほとんどスンジェとシニしか出て来ません・・・そこでやっとこのドラマの『真実』が分かった私でした・・・・・(T T)

このドラマは胸が痛く切ない恋物語を期待して観た方は期待を裏切られるかも知れません・・・・・しかし本当の主人公が分かればこれもまた悲しい物語です・・・誰も悪いと責められません・・・・・

☆ブログ人気ランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします(^^)v ⇒ http://blog.with2.net/link.php?414213

ブログ『保険の解説屋』                   ☆ペット保険                       http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/                      

『保険の解説屋』ホームページ         http://homepage2.nifty.com/kaisetuya/

真実 DVD-BOX DVD 真実 DVD-BOX

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2004/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 枝垂桜の名所・・・今頃かよ(^^;) | トップページ | シベリア文太を知っているか(笑) »

コメント

 知名度の違いによって大物スターが
脇を固めているとそっちばかり目がいってしまうって事はよくありますよね。
 本国なら主演級の人達を脇に配した豪華なキャスティングだったんでしようけど。

>モンスターAMさん
いやいやあくまで私の私見ですから(^^;)
最終回だけみれば結構チェ・ジウやリュ・シオンがやな感じで描かれているんですよ。

投稿: モンスターAM | 2007年6月 4日 (月) 18時52分

 なるほど、すいませんでした。

 チェ.ジウって普段の姿には
あんまりいい評判聞かない役者さんですね。
挨拶しても無視するらしいし。

>モンスターAMさん
えっ?そうなんですか?
役柄と実像がつい一緒と思ってしまうんですよね~(笑)

投稿: モンスターAM | 2007年6月 5日 (火) 18時02分

このドラマ面白いって友達が昔言ってましたがどうでしょうか?
私も「天国の階段」が大好きなんですが、でも韓ドラ自体はそんなに見てないです。
「リュウ・シオン」でしたっけ?この人がどうも苦手で・・・(苦笑)
でもこの人出てるドラマは面白いって評判ですよね!

>トレパンさん
うちの奥さんもリュウ・シオンどこがいいのか分からない~という一人です(^^;)
このドラマ確かに評判はいいのです・・・しかし私たち夫婦のように胸が痛くなるようなラブストーリー好きには・・・(^^;)
『天国の階段』のほうが数倍いいと思います(^^)v

投稿: トレパン | 2007年6月 6日 (水) 17時21分

来ましたね・・韓国ドラマ大好き夫婦(^^♪
日本でも昔、東映でオールスターキャストで
お送りする忠臣蔵・・ってのもあったな~
余り巨匠や、大役者を使うとその本人のキャラが入って
物語り自体面白くないってケースが出てくる
名もない役者が、良い演技する作品はヤッパ
良いけどね・・・
って韓国ドラマ知らないオヤジのたわ言でした(^^)。

>Kazuさん
(^^)v 突然決まりました(笑)
ロサリーさんのカレンダーはワイキキの中心あたりだと何処で買えますか?
マークスワンソンさんの商品はワードのどのあたりで買えますか?たぶんワイケレは行かないと思うので・・・m(_ _)m

投稿: kazu | 2007年6月 9日 (土) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31508/6660523

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ『真実』:

» あいのりネタバレ オガ 廣江 まさかの・・ [あいのりネタバレ オガ 廣江 まさかの・・]
あいのりネタバレ オガ 廣江 まさかの・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 17時10分

» 韓国ドラマ~サラン~(チャン・ドンゴン、チェ・ジウ主演) [韓国ドラマLOVERS!@韓国情報☆ ]
サラン主演 チャン・ドンゴン全16話主演は「イブのすべて」「ドクターズ」などに出演していたチャン・ドンゴンと「冬のソナタ」「天国の階段」のチェ・ジウです☆その他キム・ミスク、ユン・ソナ、イ・ヨンハなどが出演しています。若き日のユン・ソナやチェ・ジウを観ることができる作品でもあります。この韓国ドラマ「サラン」は2部構成で、前半の1~8話はイナ(チャン・ドンゴン)とヨンジ(キム・ミスク)の恋愛が中心で、後半の9~16話は自動車会社を舞台に様々な人間模様や恋愛が描かれています!いろ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 22時27分

» 韓国ドラマ宮(クン)第15話 「皇太子は暴力亭主!?」 [韓ドラマ愛好会]
怒っているチェギョンを連れ出したシンは、自分の気持ちを伝え、二人だけの時間を過ごす。そんな中、シンがユルを殴ったことが報道され、皇室は大騒ぎになる。ファヨンは皇后にこのままではすまされないと告げ、皇帝はシンを呼び出して叱りつけるが、シンは皇...... [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 23時45分

» 福田沙紀出演 ドラマ「ライフ」とは [福田沙紀~エンタメスクープ.net]
福田沙紀出演 ドラマ「ライフ」とは、「別冊フレンド」(講談社)にて2002年4月号より連載が開始され、恐ろしいほどのリアルさと既存の少女漫画にはない迫力ある画力で「いじめ」をテーマに描いて大きな話題を呼び、累計部数なんと650万部を突破するほどの圧倒的な売り上げと人気を博している少女コミック界の異色作・すえのぶけいこ著「ライフ」の、待望の連続ドラマ化したものです。この「ライフ」は平成18年度(第30回)講談社漫画賞少女部門を受賞、「別冊フレンド」の人気アンケートでは常に1位を...... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 13時32分

» チャングムについて [チャングム]
チャングムについて、あなたはすでにこの番組のことは知っていると思います。全部ではありませんが私も、何回か見ました。番組名は、「宮廷女官チャングムの誓い」です。「チャングムの誓い」は人気があり、すでに何度となく放映されました。NHK-BS2で2004年10月7日から2005年10月27日にかけて毎週木曜日午後10時から放送された韓国ドラマシリーズ放映(日本語吹き替え)の第4弾である。反響が大きかった為、「チャングムの誓い」は、2005年7月に前半の第1話~第27話までを、200...... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 21時32分

» 『学校は死に場所じゃない』ライフ副読本 [セカンドライフを考える]
ますます内容がエスカレートしていくドラマ『ライフ』です。私だけでなく我が家全員で毎週欠かさず観ています。朝日新聞の書籍紹介欄で『学校は死に場所じゃない―マンガ「ライフ」で読み解くいじめのリアル』(藤井誠二氏著)が紹介されていました。-------------------...... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 18時09分

« 枝垂桜の名所・・・今頃かよ(^^;) | トップページ | シベリア文太を知っているか(笑) »