« 韓国ドラマ『シンデレラマン』 | トップページ | 阿佐ヶ谷でハワイ(^0^)v『HAWAII’S OWN COFFEE CO.(ハワイズオウンコーヒー)』 »

2010年5月24日 (月)

韓国ドラマ『君は僕の運命』第20話で号泣(T0T)

いや~号泣です(T0T) 嗚咽が止まりませんでした(T0T)

BSで現在、放送中の『君は僕の運命』(^0^)v 『がんばれクムスン!』や『19歳の純情』と同じ30分ドラマで韓国では毎日放送される事から『日々ドラマ』って言うそうです(^0^)v

いつものように(笑) 最初に家族の一員が亡くなります・・・・・今度はその亡くなった娘の角膜を移植された施設育ちの天涯孤独なセビョク(ユナ)と娘を失った家族の物語を中心に様々な物語が展開されていく物語のようです(^-^)

なんてったって約180話まだまだ始まったばかりです(^-^) にもかかわらず早くも号泣です(笑)

登場人物も多くまだ始まったばかりですので詳しくは書けませんが私が号泣したのは(T0T) 高校生の頃に子供を産んだソヨンとその母(オンマー)ファランのシーンです(T0T) いつまでもしかっりしないシングルマザーソヨンをオンマーファランはいつもボロカスに怒っています(笑) ある日・・・・・そんなソヨンの事を心から思う男性が現れます・・・・・しかし相手は初婚・・・・私は予備校に通う娘を持つシングルマザー・・・・・叶う訳はないと好意を持っているのに怖くてその男性の申し出を断ります・・・・・・その一部始終を盗み見(笑) していたオンマーファランは・・・・・・

いつも仕事もロクにしなで(怒) 全然しっかりしていなくて(怒) うちの会社をつぶすつもり(怒) 等々いつも怒ってているオンマーが・・・・・娘ソヨンに『何を怖がっているの勇気をもって心を開きなさい・・・(そんな意味の話をするのです)』嗚咽で(笑) 詳しいセリフは憶えていません(笑) 母親が娘を心から心配し思っている気持ちがひしひしと伝わり・・・・・もう涙が止まりませんでした(T0T)

ユナさんは『シンデレラマン』と連続ですが今回のキャラクター設定のほうが私たち夫婦には好評です(^0^)v

奥さんも寝ないでしっかり観てます(笑)

『君は僕の運命』まだまだ始まったばかりですが、ハマリそうな予感です(^0^)v やっと『アクシデントカップル』症候群が治りそうな予感です(^0^)v

☆アロハストリートのブログランキングに参加しています(^^)v
良かったらクリックお願いします(^^)v⇒http://www.aloha-street.com/userblog/cu/163

☆ブログ人気ランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします(^^)v ⇒ http://blog.with2.net/link.php?414213

『あなたの街の保険屋さん』                ☆newマイページメンテナンスのお知らせ         ☆新・海外旅行保険『Off!(オフ)』            ☆バイク自賠責保険『i(アイ)自賠』http://www.sompojapan-ag.com/a/hokenyasan/

ブログ『あなたの街の保険屋さん』            ☆newメタボリックシンドローム    http://kaisetuya.cocolog-nifty.com/blog/

ブログ『日本橋のライフプランナー日記』         ☆newオードリーのランチ日記(^^)vNo.4『たいめいけん』                              http://life-planner.cocolog-nifty.com/blog/

君は僕の運命 DVD-BOX1 (8枚組) DVD 君は僕の運命 DVD-BOX1 (8枚組)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 韓国ドラマ『シンデレラマン』 | トップページ | 阿佐ヶ谷でハワイ(^0^)v『HAWAII’S OWN COFFEE CO.(ハワイズオウンコーヒー)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31508/34847677

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ『君は僕の運命』第20話で号泣(T0T):

« 韓国ドラマ『シンデレラマン』 | トップページ | 阿佐ヶ谷でハワイ(^0^)v『HAWAII’S OWN COFFEE CO.(ハワイズオウンコーヒー)』 »